不動産に投資する

人気のある不動産投資

不動産の価格に関する情報

投資目的の不動産取得のメリット

投資目的での運用ならば、不動産物件への投資は、とても効果的です。投資で一般的なものが、賃貸住宅の経営で家賃収入を得るという方法です。金融機関口座に、現金を預けておくのと比べると、利率が良いことで知られています。元金が減ることのない預貯金の利息と比べてみると、賃貸住宅の経営で家賃収入を得ることが、いかに効率的であるかが理解しやすくなります。見込める家賃収入と、投資目的で購入する賃貸住宅物件の価格の減価償却を、適切に比較することで、実際に収益として見込める利息計算ができますので、不動産の売買契約の際に試算してもらっておくと良いでしょう。

賃貸物件の高値の時期

賃貸物件の家賃は、時期によって変動します。賃貸不動産を所有している人にとっては、高値で入居してもらえば、収益も上がります。特に新築物件の場合にはその時期に合わせて募集、入居ができるようにします。一年の中で、年明けから年度末にかけてが一番人の移動が多いので、物件も豊富になり、よい物件は家賃が高くても入居者がつきます。仲介業者も書き入れ時でかなり力を入れて営業します。次は、8月です。9月に企業の移動があったり、夏休みを利用して学生が移動したりします。これ以外の時期は、あまり移動がないので、物件がだぶつき、家賃を下げて募集してもなかなか入居者がつかない時期です。入居する側からいえば、その時期なら安く良い不動産に出会える可能性があります。

© Copyright 不動産の価値の決め方. All rights reserved.