不動産を売却する時

不動産を競売にかけない

不動産の価格に関する情報

不動産の売買ならインターネット

近年ではインターネットが不動産の購入や売却の主流になってきています。WEBサイト上には多くの業者が存在しますし、物件情報の多くはネットを介して情報交換がほとんどです。新築物件や中古物件などの情報も、その多くがネットで公開されています。一般に公開されない業者間だけの情報も多くあります。一戸建てやマンション購入や売却も、多くの不動産会社の中から選んで契約することができます。複数の業者を比較することにより、良心的な業者を見つけることができます。業者選びで重要なことは実績があり信用できるかということです。販売力や営業力などが業者によって違いがあります。

競売を待たずに任意売却

様々な理由によって、住宅ローンの返済が困難な状況に陥った場合に、そのまま放っておくと督促状が届きます。その後も返済ができない場合には、競売にかけられ、不動産を手放すというのが一般的な流れとなります。しかし、それをただ待つのではなく、住宅を任意売却を選択する方が、利点が多いという事を知っておく必要があります。任意売却は、普通の中古住宅としての売却にしか見えないために、プライバシーの点で、ご近所など周囲に知られる心配はありません。また市不動産が市場価格とほぼ同額で売れるというのが最大のメリットであると言えます。

© Copyright 不動産の価値の決め方. All rights reserved.